特定商取引法に求めるもの

特定商取引法、いわゆる特定証取法に求められるのは、いわゆる弱者の論理であり、考えようによっては平等な、さらには供給者、事業者にとって納得のいく基準作りだと考えられます。ネットビジネスにおいてはどうしても、方で判断できない部分もまだまだ存在しており、今現在においても様々な事例をもとに判断基準を作っている最中だと言えるでしょう。

実際、これまでも特定商取引法の役割としては違法な勧誘や強引な押し込み販売といったこれまでにはなかった商慣習に対して、どうルールを作っていくか、どのようなルールが社会通念上、正しいのかをきちんと決めることが大きなポイントになっていました。

そして、今新たな課題として上がっているのはネットビジネスになるのです。
インターネットを介したビジネスに対しては商法や刑事訴訟法においてもまだまだ実態にそぐわないルールが多い状態です。

このような現状においては、特定商取引法で実態に合わせたルールを作っていくほかありません。
そして、これからネットビジネスを展開していく方々については特定商取引法に照らし合わせて自分たちのビジネスが、ルールに沿ったものであるかどうかを判断してもらう基準とすべきなのです。

もちろんのことながら、過去の消費者ビジネスと変わり、ビジネスモデルが多種多様化しまたその変革が激しいと言う限界を感じつつ、常に消費者庁が、弱者の論理、平等なビジネスを展開するためにはどのような基準が正しいのか考えていく必要があるのが難しいところです。

しかしながら、あくまでも弱者の論理、重要かにとってのメリットを考えつつ、軸足はもちろんこちらにおいて判断していく必要があると言えるでしょう。

刑事訴訟法で疑わしきは罰せずと言う言葉がありますが、インターネットビジネスにおいては特定商取引法で疑わしきは罰すにしなければ、弱者が不利になる様々なビジネスモデルが横行してくる可能性があります。

言い方は悪いですが、泣き寝入りをせざるを得ない消費者をどれだけ減らすことができるか、これこそが特定商取引法のインターネットビジネスにおける最終的な目的になってくると思います。

そして、その役割を果たすためには日進月歩するビジネスモデルの進化にどのように対応していくか、ルールを作る側も常にアップデートしながら対応していかなければ追いつく事は難しいと言えるでしょう。

結果、日本のネットビジネスが世界に誇るビジネスモデルにあることを願わずにはいられません。

タイトルとURLをコピーしました